量産品 研磨・研削仕上げ コストダウンのポイントについて

切削加工品・プレス品・鍛造品などの量産品は、精度・外観品質を確保するため、しばしば平面研削・円筒研削・内面研削の研磨仕上げの指示がなされています。

研磨加工・研削加工.comでは、充実した研磨加工設備・研削加工設備を保有することで、円筒形状の製品はもちろん平面研削・外径研削・内面研削を社内で一貫対応し、μ単位の高精度で管理する大量生産が可能となっています。

研磨加工・研削加工.comは、機械部品の設計段階から積極的に関与することで、量産移行時の大幅なコストダウン効果を生み出すご提案も可能となります。
研磨・研削の加工が伴う量産部品のことはお気軽にご相談ください。

量産品 研磨・研削仕上げ コストダウンのポイントとは

<量産品 研磨・研削仕上げ コストダウンのポイントの3つの特徴>
特徴①

研磨・研削仕上げの指示をともなう切削品・プレス品・鍛造品の大量生産に置ける高精度・量産加工が可能

特徴②

センタレス研削盤等の量産向きの設備を取りそろえ、量産ロット(月間1万個~応相談)のリードタイム短縮・コストダウンを実現

特徴③

設計段階での提案と最適な加工法選定で大量生産によるコストダウンメリット


量産品 研磨仕上げ①
量産品 研磨仕上げ①
量産品 研磨仕上げ②
量産品 研磨仕上げ②

量産品 研磨・研削仕上げ コストダウンのポイントについて

 ギア・シャフト・スピンドル・ローラー・プレート・リング・シム・ワッシャ―など、様々な円筒形状の部品は、最適な研磨加工・研削加工方法を選定することで、量産時に大幅なコストダウン効果を得ることができます。例えば、円筒研磨からセンターレススルー研磨への変更や、必要に応じ使用設備としてガードナースルー研削盤、平行平面ホーニング研削盤を使用する工法を選択することもできます。研磨加工・研削加工.comでは、大量生産に最適な加工設備を駆使し、量産部品の研磨仕上げでコストダウン効果のメリットを提供します。

量産品 研磨仕上げ③
量産品 研磨仕上げ③
量産品 研磨仕上げ④
量産品 研磨仕上げ④