平面研削加工(surface-grinding)とは?

平面研削加工とは、円筒形状品や角形状品などの幅を研磨加工する際に使用する加工方法で、平面度・平行度に加えて、面粗度・寸法公差を調整し、仕上げるために用いる加工方法と言えます。加工方法としては、ワークをチャッキングして砥石を上から近づける縦型の研磨・研削加工を行うもの、横向きでチャッキングして砥石を横方向から近づける横型の研磨・研削加工を行う方法、両面を一度に加工する両頭研磨・研削加工という三つの方法に大きくは分類することができます。研磨加工・研削加工.comを運営する小西製作所ではベアリングメーカーとして、様々な平面研削加工の実績があり、量産対応ができるように各種加工機を取りそろえています。こちらでは、研磨加工・研削加工.comが保有する外径研削加工に関する加工技術と、加工事例についてご紹介をいたします。

当社の平面研削加工が実現する加工限界

当社では、様々な平面研削加工専用の加工機を使用して対応をしています。高さ方向や幅方向に対して厳しい寸法公差を要求する製品が多くあり、当社では高精度な領域で月産数万個~数十万個の量産加工に対応ができるように各種設備を取りそろえています。こちらでは、実際に当社が平面研削加工を行う場合における加工限界について、記載をしています。

平面研削加工で実現する加工事例

上記の平面研削加工技術を活かして加工を行った製品事例について、下記では紹介をいたします

製品名 産業用機械向けプレート
サイズ 外長手寸法は62mm、内径はφ23mm
精度 幅50μm
加工Point 研磨は幅のロータリー研削盤を使用して研磨加工

製品名 建機用プレート部品
サイズ 外径がφ110mm、内径がφ50mm、そして幅が6mm
精度 面粗さ:Rmax0.5、平行度:2μm、
加工Point ホーニング盤を用いて加工を行い、一度に両面の 加工を行い、4個までを同時に加工することが可能です。リードタイムを削減することができ、コストダウン提案が可能

 

平面研磨・平面研削加工 設備情報

研磨加工・研削加工.comが提供する平面研磨・平面研削加工は、丸物形状品はもちろん角物形状品の量産加工にも対応できるように社内設備の充実を図っています。両頭研削盤や幅ホーニング盤等、保有する加工企業が少ないとされている珍しい平面研削盤など多岐に渡る加工機を保有しています。月産数百個~数千個程度の中ロット品から月産数万個~数十万個単位の量産品まで幅広く対応が可能となっています。高い精度が求められる幅方向の寸法公差や平面度・平行度などでお困りの方は、当社におと言わせください。また、各加工設備の詳細ページを製作しておりますので、参考としてご覧ください。