外径研削加工(outer-diameter-grinding)とは

外径研削加工とは、円筒形状やリング形状などの丸物形状品の外径部分に対して砥石を当て加工を行うことを指します。特に、真円度・面粗度といった幾何公差において高い精度が求められる製品の加工に必須となる加工工程です。研磨加工・研削加工.comを運営する小西製作所ではシャフト形状品やリング形状品等、様々な外径研削加工の実績があり、量産対応が可能となるように各種加工機を取り揃えています。こちらでは、研磨加工・研削加工.comが保有する外径研削加工に関する加工技術と、加工事例についてご紹介をいたします。

 

当社の外径研削における加工限界

当社では、様々な外径研削専用の加工機を使用して、高精度な研磨加工・研削加工のワークに対応をしています。ベアリングやスピンドルと言った部品で、回転させて使用する製品の場合、中心軸に対する同軸度、同芯度、真円度等が重要な要素とされており、当社でもミクロン台の幾何公差要求のある量産加工品の依頼を多数受けており、下記の加工範囲に対応しています。

 

外径研磨・研削加工設備情報

研磨加工・研削加工.comが提供する外径研磨・外径研削加工は、量産加工に対応できるように社内設備の充実を図っています。これまでベアリングのOEMメーカーとして様々な部品を加工してきた経緯から、外径研磨・外径研削加工に対するミクロン台の高精度加工におけるノウハウを保有しています。月産数万個~数十万個単位の量産品の外径研磨・外径研削加工でお困りの方は、当社にお任せください。また、各加工設備の詳細情報を設備情報ページで紹介していますので、ご覧ください。