平行平面ホーニング加工による超高精度加工について

 平行平面ホーニング加工では、円筒形状部品の端面を、平面度、平行度を1μm以内の超高精度で加工可能です。研磨加工・研削加工.comが、保有する平行平面ホーニング盤の加工範囲は、外径寸法5~φ130㎜、幅0.8~50㎜となります。平行平面ホーニング盤を使用して、円筒形状部品の端面を加工することで、平面度および平行度をそれぞれ0.5μm台の高精度加工が実現可能です。平行平面ホーニング盤は、日本国内でも保有する企業が数少ない、希少性の高い加工機です。

平行平面ホーニング加工による超高精度加工とは

<平行平面ホーニング加工による超高精度加工の3つの特徴>
特徴①

歪み修正や1μm以下の超高精度加工に重宝

特徴②

複数部品の別体ものの同時加工が可能

特徴③

加工範囲 Φ5~180mm 厚さ0.8~50mm


平行平面ホーニング加工①
平行平面ホーニング加工①
平行平面ホーニング加工②
平行平面ホーニング加工②

平行平面ホーニング加工による超高精度加工について

 平行平面ホーニング加工では、量産品でも1μm以内の精度で品質管理ができるため、円筒形状部品で端面の高精度が求められる場合などで高い生産性を誇ります。
 また、平面度1μm以下の高精度のみならず、複数の部品を同時加工することが可能です。例えば、2つを組わせて使用する円筒形状部品の端面を平行平面ホーニング盤で同時加工することにより、端面寸法の差を限りなくゼロにすることができます。組み合わせる複数部品の端面の平行度・平面度を高精度に管理する際、特に有効な加工方法です。

平行平面ホーニング加工③
平行平面ホーニング加工③
平行平面ホーニング加工④
平行平面ホーニング加工④