用語解説

エアーマイクロメーターとは空気を出すノズル先端と測定面との隙間(すきま)に変化が起きた時に発生する空気の流量や圧力が変化を利用して、寸法や変位を測定する測定器の事を指します。寸法測定の場合は、まず、測定対象と寸法がほぼ同じである、寸法の正確にわかっている標準ゲージを測定し、その後、測定対象物を測定し、両者の差分から、測定対象の寸法を求めるという、比較測定を行います。おもな用途としては、精密な寸法や穴径の測定と検査をはじめとして、製造組立ラインでの自動計測、自動選別などがあげられ、大量生産を行う製造現場で幅広く使われています。精密研削加工.comが提供するμ台の高精度部品の測定には必要となる測定器となっており、お客様が求める高精度な測定が可能となっています。