用語解説

円筒研削とは、ワークを両センター間に支持し、回転させながら砥石の外周により行う研削加工を言います。円筒研削は、円筒状のワークの外面を研削する加工であり、ワークは両端のセンタで支持され、旋盤の場合と同様に回転運動が与えられます。砥石も同様に回転運動を行い、円形の側面で研削加工を行います。円筒研削加工は、ワークの送りの方法によりトラバース研削、プランジ研削に分けることができます。